本文へジャンプ

Hitachi

北京日立華勝信息系統有限公司

副董事長兼総経理:三井 利夫
              総経理:三井 利夫

     副董事長兼総経理サイン

 

 1992年7月、日中合弁企業として発足いたしました弊社は、お客様の温かいご支援、パートナ様のご協力、社員の努力により、順調に発展し、2017年には四半世紀の25周年を迎えることができます。

この間、日本からのソフトウェアのオフショア開発を中心とした事業を展開し、CMMIの認証取得、PMP資格取得推進、品質工程管理部門の強化等、品質の改善とマネージメント力の強化を図るとともに、山東省・済南に開発拠点を設立し、体制の拡大、技術力の向上により、お客様に信頼される会社となる事を目標に歩んで参りました。

次の四半世紀に向けては、中国社会の一員として、中国国内でのサービス、技術の提供を通じ、中国社会へも貢献できるように事業分野を拡大するとともに、これまで培ってきたお客様との信頼関係をより強固なものとすべく、お客様ニーズを先取りした技術習得や付加価値の高い提案を行い、お客様とともに発展していけるよう、基本と正道に則り、更に研鑽を積んで行く所存で御座います。